YHG英語セミナー基本コンセプト(本当に役立つ英語力養成のために)

気をつけたい落とし穴 

「英語圏の国の子供が英語を学ぶように学べばいい」「単語力がなくても話せる」という、よくある英会話関連の宣伝を信じていては、しっかりした英語力は永久につきません。英語を日常的に使うことのない日本人が、ある程度の英語力を短期的につけ、それを維持していくためには、ハイペースで集中的な語学訓練が不可欠です。

英語圏の国の子供と同じ環境(=四六時中英語で生活し、親という忍耐強く繰返してくれる先生がいる)を日本で人工的につくるのは現実的にほぼ不可能です。言語学的実験によると、日常会話力習得には、比較的外国語を受け入れやすい子供でさえ約5000時間の言語訓練が必要だということです。

これは週に何時間か、英会話の先生と単純な会話を繰り返すのとは全く別の次元のものです。また留学経験者、海外駐在経験者であればわかることですが、海外で暮らしていても、意識的に努力をしなければ英語力は向上しません。英語圏の国の子供にしても、ただ生活の中のみで英語を学んでいるのではなく、日本の国語の授業のように、英語の授業で読む訓練をし、単語テスト(類義語、反義語テスト等)で表現力を増やすというプロセスを経ているのです。

忘れてはならないのは、「週に数時間ネイティブと話す」といった程度のことをしていたのでは、しっかりとした英語力習得はいつまでたっても実現しないということです。すでに日本語という母国語を持った状態から、日常生活上あまり必要のないもうひとつの言語(英語)能力をしっかりとしたものに育てていくには、その目的にかなった特別な訓練が必要なのです。

聴く力の重要性

英会話というとどうしても「話す」ということが強調されがちですが、「相手の言っている事をわかるようにする」ことの方がはるかに大切だと思います。ここで言う「わかる」とは、何となくわかるのではなく、「相手の言っている言葉のほとんどがわかる」ということです。言っていることがわかれば、真の意味で自然な表現が身につき、自分自身の発音もかなりよくなります。

ただ普通の英語(不自然にスローで表現の易しい教材的な英語でないもの)を聴けるようになるには、しっかりとした単語表現力と、音のつながりを瞬間的に理解する能力を要します。

発音力アップは大きな相乗効果あり

英単語の音は前後のつながり次第で、会話では生きているように変化します。そのため、ゆっくりした英語をどれだけ聴いても自然なスピードの英語を聴き取れるようにはなりません。

ネイティブスピーカーが多少早口の時の音に慣れてしまうことが、リスニング力アップにもつながります。リスニング力が伸びると相乗効果で単語・表現力もさらに増えるようになり、話す英語の正確さも増してきます。また大量インプットは読む力も強化します。

YHG英語セミナーこれらを踏まえ、真に身になる英語トレーニングを提供しています。


HOME/どんな学校なの/YHG基本コンセプト/達成目標/BTクラス/LEクラス/各コースのレベル目安/セミナー長 講師紹介/料金/受講生の皆様の声/お問合せ 見学予約/スカイプ個別トレーニング/アクセス/英会話 英語便利リンク/受講生の皆さんへ/長年のお気に入り本/

ページ移動は右上角のメニュー(MENU➕)からもどうぞ