金融庁告示第23号(平成23年3月31日)


第1条(連結の範囲)

保険会社の経営の健全性を判断するための基準として保険金等の支払能力の充実の状況が適当であるかどうかの基準(保険会社及びその子会社等(保険業法(平成7年法律第105号。以下「法」という。)第110条第2項に規定する子会社等をいう。以下同じ。)に係る法第130条各号に掲げる額を用いる場合に限る。)並びに保険持株会社及びその子会社等の経営の健全性を判断するための基準は、連結財務諸表に基づき算出するものとする。この場合において、連結財務諸表については、連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づき作成することとする。ただし、保険会社又は保険持株会社が法第106条第1項第1号から第12号まで、第17号及び第18号又は第271条の22第1項第1号から第12号まで、第16号及び第17号に掲げる会社を子会社(法第2条第12項に規定する子会社をいう。)としている場合における当該子会社(第3条第1項第2号イにおいて「金融子会社」という。)については、連結財務諸表規則第5条第2項の規定を適用しないものとする(当該規定を適用しないことが困難である場合を除く。)


insurance.business.law [アットマーク] gmail.com

Valid XHTML 1.0 Strict